薬の必要性を知ってうつ病の治療をすすめることが大切

  1. ホーム
  2. うつ病の原因を知る

うつ病の原因を知る

医者

うつ病が起こるメカニズムや原因については、未だはっきりとした理由がわかっていないのが現状です。そしてうつ病の研究によると、一つの原因からうつ病を発症するだけでなく、複数の原因が積み重なって影響することもあるようです。うつ病の起こる要因として、親族にうつ病の人がいると遺伝的な問題で発症しやすいとも言われています。しかしそれは可能性の一つで、全てが遺伝によって起こるものとは言えません。そして遺伝とは違い、うつ病になりやすい性格も原因を考えられる理由です。例えば正義感が強く頑張りすぎてしまう気質の持ち主も当てはまります。反対に自己愛の強い性格の方は軽度のうつ病の症状があり、他人への依存心などがあげられます。自分の失敗を認めることが出来ず、他人のせいにしてしまう傾向にあります。自分の思い通りに事が進まないことに苛立ちを感じることがストレスになり、うつ病を発症させてしまう場合があります。うつ病のきっかけになる環境の変化でいえるのは仕事での多忙や、精神的に休まることがなかったということも引き起こす原因となっているようです。または仕事の面で重大なミスをしてしまったり、トラブルが続いたりする事によって大きな精神的ストレスを感じてしまうことも心に大きな負担をかけることだと言えます。他にも仕事は多くの人と関わる仕事なので、人間関係のトラブルが引き金となって仕事も上手くいかないなど、悪循環を生んでいきます。そういった日常的にストレスを抱えて生活をしていると、睡眠不足にもつながっていきます。不安やトラブルの事を思い出して眠れない状態になることにつながっていきます。負の要素だけが、うつ病を発症させる原因ではなく、喜ばしいことでも日常が変わるという環境の変化がうつ病を招くことに繋がることもあります。うつ病を起こすきっかけとして代表するのが、職場環境の変化や昇進などごく身近で起こる環境の変化も当てはまるのです。他にも学校や社内イジメや仕事の失敗などがあげられます。色んな原因が関与しておこるうつ病だからこそ、病院で適切な受診をして服薬での治療を受けることが大切です。薬の効果によって不眠が解消されるなど、一つずつ問題をクリアしていくことが出来るのです。医師とのカウンセリングを通して、症状を伝えながら、自分に合った薬を処方してもらうようにしましょう。うつ病完治のためには、薬での治療も大切なのです。