薬の必要性を知ってうつ病の治療をすすめることが大切

  1. ホーム
  2. 周りのサポートが大切

周りのサポートが大切

薬

身近な人や大切な家族がうつ病になった時、どういう対応をしていいのかわからないことが多いといえます。うつ病になった事実を知らされた時には、まずは聞いた側が受け入れることが大切です。うつ病とは身近に起こる病気であることを再確認し、本人さえもどうして自分が病気になってしまったのかわからないケースがあります。その他にも家族や身の周りの人たちに迷惑をかけてしまうのではないかという不安から、うつ病が進行していく可能性もあります。そのため、きちんと精神科などで治療を受けて薬を飲めば治る病気だということを、周りの人達も知ることが大切です。そのため、本人がきちんと服薬しているかどうか見守るようにしてください。身近な人がうつ病になってしまった時に、周りの人に覚えてほしいのがうつ病になった時の本人はとても辛い時期であるということです。そして自分を責めてしまう傾向があり、物事を全て悪く考えてしまいます。周りの人からしたら、どうしてそんなにマイナスに考えてしまうのかと疑問に感じてしまうかもしれませんが、うつ病が引き起こす脳の異常であることを前もって理解しておきましょう。ストレスの悪循環がうつ病と密接しているので、脳の判断機能も良い方向に考えることが出来なくなっています。そのため周りを頼りに出来ないと思い、自分の身に起きている出来事をより最悪な状況に感じてしまうようになります。その思いや考えが強くなるあまり、治療をしたとしても治ることはないと思い込んでしまう場合があります。そのことから治療を積極的に受けることが出来ないということもあります。そのため身の周り人が理解あるサポートをすることが、治療へ向かうきっかけになります。うつ病の治療の目的は、本人に以前の生活を取り戻してあげることです。仕事復帰も大切なことですが、そこに原因があるのであれば病状は戻ってしまうこともあります。そのため、回復期に入ったら振り返ることをして今後どのように生活や仕事をしていくか考えることが大切な流れになっていきます。この時に身の周りの方のサポートが必要で今後の計画を親身になって考えていくことが重要です。そしてうつ病は再発してしまう可能性のある病気であることを覚えておきましょう。うつ病になってしまった方々で多くみられるのが、約半分の方がうつ病を再発してしまうのです。その原因として考えられるのが、不十分な治療のまま終わらせてしまったことです。そのことからうつ病は、初めての治療の段階できちんと治していかなければなりません。そして症状が軽くなったから大丈夫と軽く考えずに、焦らずにゆっくりと治療を受け続けることが大切です。それは、良い状態をキープするためにも必要なことといえます。そして根本的な問題である、マイナスに捉えしまう考え方を一緒に治していく努力をしていきましょう。全部を一人で抱え込んでやり切ろうとするのではなく、周りに頼ることの大切さを本人に実感してもらうことを進んで行いましょう。他人には頼りづらい相談などは家族に頼ってみるなど、色んな方法を試して、ベストなやり方を探して行っていくことが再発防止につながります。他にも、うつ病になってしまった方に対して批判や強制する対応を行わないように気をつけましょう。うつ病とは周りのサポートが重要になっていきますが、サポートする側も一人でやっているという孤立感を感じると同じくうつ病になってしまうことがあります。そのことを引き起こさない為にも、うつ病についてのサポート団体などの交流に積極的に参加したり、情報を共有することが大事になったりしていきます。そうすることで支える側の人も、気持ちが楽になるでしょう。精神科で処方された薬などの処方の他に、生活リズムの改善を見直していきましょう。この時に注意したいのが、周りが生活改善の強制をするのではなく本人に選択肢を決めてもらうことが重要です。薬の副作用の影響で急に変わることは無理なこともあります。そのため焦らずに本人のペースで、改善してもらうと良いでしょう。